【タンキュークエスト】田んぼウォーズで数字と歴史に強くなる!

ひろなす

知育ゲーム大好きな ひろなすです。

今回はタンキュークエストから出ているカードゲーム『田んぼウォーズ』をご紹介したいと思います。

ずっと前からこの名前が気になっており、思い切って買ってみましたが、本当に買ってよかった!最近、子供がとってもハマってます。

目次

パッケージの外観

カードケースは大きすぎないところが場所を取らなくて良いです。

改善してほしい所は、
カードケースはパカッと箱を開けるようになっているのですが、密着しすぎてて開けにくい点でしょうか。

ルール

ルールは至ってシンプルです。

田んぼ1反から始め、飛鳥時代のカード山から手持ち札4枚とり、

どんどんカードを使っていき、飛鳥時代の山札をゼロにする。

奈良、平安時代(最後)とおこない、

最終的に田んぼをどのくらい多くゲットできるか! というゲーム

▼こちら取り札、捨て札置場。 

良いところ

実際にやってみて良いなと思ったところ

  • 1人プレイ専用
    勝手に一人でやってくれるので大助かりです。親が付き合う必要がない。
  • 飛鳥、奈良、平安の流れがうっすらわかる
    飛鳥~平安の順にプレイするので時代の流れが頭に入ります。カードの種類が飛鳥、奈良、平安と3種類に分かれていて、1つの時代が終わったら次の時代にという風にプレイするため。
  • 「収公」「干ばつ」「灌漑」「国司」といった難解なワードが身近になる
    全部カードの名称を覚えます。
    収公は田んぼが1反まで減る嫌なカードなので、収公というワードの意味も覚えてしまいます。
  • 計算力があがる
    カードを引くたびに田んぼの計算を行うので計算に慣れます。
  • 運要素もあるが戦略で強くなれる
    カードの引きの運もあるが、どのカードを残してどのカードを使うかを考えるため、戦略的になれます。

我が家のオリジナル

カードゲームが大好き過ぎたので我が家の状況をお伝えしたいと思います

対戦記録ノート

1人プレイですが、何反まで増やせたかを記録し、家族で順位を競うということをやっていました。

カードを自作

記録ノートを見てわかるように、慣れてくると最高では5万反までいってしまいます。
カードは最高で五百反のカードしかないので自作で千反、5千反、1万反のカードを作りました。 

いじわるカードも作りました。

ひろなす

斬新なカードゲームでおすすめです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

小2・5男子の母です。
勉強の暗記を楽しく楽にできれば!を模索中。
私自身は、会計事務所にて働いています。FP2級、簿記2級を所有。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる